Ibrator Contre Maître / Poison Mobutu / Niska / コンゴママによるセモリナ粉のフフレシピ

この記事は約3分で読めます。

IBRATOR Contre Maître – KANIAKA [ Official Video ]

この人、前にも見かけたことはあったけど、今日このルンバなMVでちょっと気になってちょっとだけ掘ってみたら、去年 Fabregas と衝突して去った Light Music のメンバーの一人で Chef d’orchestre (なんて説明したらいいのかよくわかんないけどそのオルケストルのリーダー的な?ロス・バルバドスのダイスケさんによると、各オスケストルの練習やアンサンブルのまとめ役、だそうです。ダイスケさんありがとうございますっ!)だった人なのね。そう、聴いててなんか Fabregas っぽさ感じたんだけど、要はおいらが Fabregas っぽく感じてきてたものの何割かはこの人だった、って思っていいのかすら。ついでに映像もだいぶ好きだな。

そういえばこのヒトの他の MV も見たことあったわ。

ちょいとアルバム全部聴いてみようっと!


以下、ラップ方面2名

Poison Mobutu – Donald Trump feat. Dj Amarula

この Poison Mobutu (または Poison のみ)ってコンゴ系仏語ラッパー氏、フランス拠点なのかコンゴ拠点なのか定かじゃないけど(MV見るにフランスかねぇ)、普段はどっちかってとゴリゴリラッパーっぽいのにこの Soukous なフリースタイル、しかもタイトルがトランプとか、一体何を歌ってるのか気になるわ…。

…って、今回は違う曲が気に入って取り上げたかったんだけど、残念ながら YouTube には削除済みの違法アップロードしかない模様なので Spority だけ貼っとこう。

Amazonでも視聴は出来るけど、多分一部かな。


コンゴ系仏語ラッパーついでに、先日から Fally も気に入ってるっぽい Niska くんのコレも貼っとこう。前にも貼ったことあったかどうか覚えてないポロロ

コンゴ系にかかわらず、仏語圏アフリカ出身のワカモノにもだいぶ流行ってる(た)と思う。よくこれ流して熱唱してたり踊ってたりするスナチャ見かけるので。


…と上まで書いて数日ほったらかしにしてた。投稿忘れてたw まぁ、わりと地味ネタマイナーネタだったし…。


Fufu ya Semoule

いつも話の長いママによるレシピチャンネル、今回はセモリナ粉で作るフフの作り方。未だに本来的に現地で作られるフフの材料もよくわからないでいるんだけど、ニポンにいる人、わりとセモリナ粉で作ってる印象。少なくともニポンで常食のために入手しやすいのはセモリナ粉なんだろう(推測)。

前半はフフ作る調理器具についての語りっぽいんだけど、延々聞いててもさっぱりわからないので(ごめんねママ)、上の動画は作り方部分からスタートするけど全部見たかったら適宜YouTubeのシークバーで前に戻ってくださいw

途中まで必要量の半分のセモリナ粉入れて、ほぼほぼ水がなくなったのを見計らって…なんと小麦粉少量投入!これははじめて見た。その後残りのセモリナ粉入れてこねこね。小麦粉は微妙に邪道な気もしちゃうけど、なるほど半分半分にしたら少し扱いやすそう。