在仏コンゴ人女子ラッパーのフルリンガラ語ラップ / ライブ動画3本 / 日の目を見ることがない才能たち

この記事は約5分で読めます。

今週は急に舞い込んだ某コンゴ界隈案件でてんやわんやした挙げ句に、落ち着いたと思った途端にひっくり返ったりで、まぁ、諸々てんやわんやだった(語彙力…)ので、平日ほとんどMVチェックもゴシップ集めも出来てない。

気になるものが溜まる一方なので、よいわるい、役に立つ立たない、のまとめもせずにダラダラ色々貼ってこう。ほぼほぼ完全なる目についた順。

在仏コンゴ人女子ラッパーのフルリンガラ語ラップくそかっこいい

TSHEGUE – M'Benga Bila (Official video) – YouTube

少し前に奥村恵子氏が紹介してた在仏コンゴ人女子ラッパーによる、フルリンガラ語ラップ。くっそかっこいい。

見つけやすいからコンゴ系ディアスポラなレーベルの曲ばっかり拾っちゃうんだけど、そうじゃないコンゴ系ディアスポラミュージシャンもまだまだいっぱいいるんだよね。

先日取り上げたPoison Mobutuの所でも書いた通り、コンゴ系ディアスポラたちは自分の暮らす国でもリンガラ語をはじめとする母語や母国文化を織り交ぜた曲でその国のマーケットで堂々と勝負してるし評価されるって流れ、めっちゃかっこいい。

新旧ライブ動画3本

JB Mpiana & Wenge BCBG – Concert au Grand Hôtel de Kinshasa (2002) – YouTube

Archive; JB Mpiana & Wenge BCBG – Live at GHK (2002) – Congolese Music – Congo Vibes

あとで観たい。

Ferre Gola – Concert “Qui est derrière toi ?” (2010) – YouTube

なんだか今日は良さげなライブ動画に行き当たるな。これも後で観たい。

しかしFallyもFerreも、ソロなりたての2010年くらいがやっぱりピークかなぁ。や、今でもすごいんだけど、みんなソロになりたての野心と若さと併せ持った時期が一番革新的でカッコいいヤツやってる感じ。

コンゴの従来型現代音楽だと、下積みがエラく長いから、ソロになる頃には実力がつきまくった状態なので、多少荒削りだとしても既に完成形なんだよね。そんな時期に自らが親分として、自分自身で表現したいと温めてきた事への熱量ぶつけたら、ソロ・デビューのすぐ後がピークってのが自然な流れなんだと思う。

その後は…守りに入っちゃうのかな。名声やプライドへの。まぁ、実験的なコトもしてるとは思うけど。

Heritier Watanabe: Concert au Palais des Congrès / Hotel Ivoire Abidjan ! – YouTube

OFFICIAL VIDEO OF HERITIER'S FIRST EVER CONCERTS IN IVORY COAST – Congolese Music – Congo Vibes

なんだなんだ、今日はホントに気になるライブ動画豊作だな。本気で全部みたら今日の3本で5時間分くらいあるんだが?

?のスレでも誰かが尋ねてその話題になってるけど、最近は公式できちんとライブ動画を収録・編集することがかなり少なくなってる様子。確かにまともな品質のライブ動画はなかなか観ることがない。集客目的で動画あったら来ないとか思ってるのかどうかはわからんけど、次回に繋げるためにも功績の記録としてでも、残しとくべきだと思うんだけどな。

その他ゴシップやら記事やら

10 ARTISTS WHO NEVER LIVED UP TO EXPECTATIONS OF BEING BIG STARS – Congolese Music – Congo Vibes

コンゴ音楽ヲタたちによる、才能があるのに日の目を見れないスターをそれぞれが挙げてくスレ。

ホントに才能はゴロゴロしてるのに、脚光浴びれるのは一握りなんだよなぁ。

おいらも最近はようやく多少の「後ろの」人たちも個体識別出来たり出来なかったりするようになってきたので、挙がってる人もいくらかはわかるけど、まだまだ知らない名前もいっぱい上がってるので、余力があったら(ない)個別にチェックしていきたいところ。

しかしDeplickもこの枠に入れてる人おるんだな。彼は微妙なラインだよな。まぁ、もうひと越え上に行けてもいいとは思うが。

Madilu was mean by saying this about his musicians. – Congolese Music – Congo Vibes

自分のバンドミュージシャンに海外遠征VISA手配を渋るボスの話がMadiluの曲で歌詞になってる、という話。みんな欧州行きたがるし、ビザ手にして海外遠征行ったら帰って来たがらないからね。

過去に、VISA手配して海外遠征に連れてくと、結構な確率でそのまま帰ってこないメンバーが続出して問題になったとかならなかったとか、別スレで話題にもなってた。今はどうなんだろね。

Archive; Lutumba Simaro talking about the split of OK Jazz (1998) – Congolese Music – Congo Vibes

ちゃんと見てない。誰かそのうち抄訳付けてくれるかも、と期待。

A WOMAN FROM THE WEST INDIES “EXPOSES” ONE OF OUR STARS – Congolese Music – Congo Vibes

また残念なスキャンダル暴露話が。??

君には1時間でGitについて知ってもらう(with VSCode) – Qiita

未だにgitようわからんくて怖い派だけど、ぼちぼち全体像がわかりやすい。

フォトショップ凄すぎ!継ぎ目のないパターンを作成するプラグイン Adobe Textile Designer の使い方完全ガイド – PhotoshopVIP

ちょっと面白そうだから入れてみよう。